大学時代アルバイトの面接で私は当時流行っていたアフロヘアーで面接に行きお店の人を驚かせました。
アルバイトのときの面接

アルバイトの面接にアフロで行く

大学時代私は当時流行っていたアフロヘアーでアルバイトの面接に行きお店の人を驚かせてしまいました。でもその大胆さが良いと店長に気に入られて面接に合格をして働く事が出来ました。アフロでも働けるって一体どんなお店かと思うでしょうが、普通の居酒屋でした。普通の家族経営の居酒屋でした。なのでアフロでも大丈夫だったのだと思います。店長も店長のお母さんも働いていたのですがみんな喜んでいました。私は地元ではなかったのでたまに夏休みとか長期の休みになって地元に帰ると髪型を変えて帰ってくるのでみんないつもそれを楽しみにしていました。いつも驚かせるような髪型にしていたので次ぎはどんな髪型になっているのかいつも楽しみにしていたそうです。

でも今考えると、アフロヘアーでアルバイトの面接に行く人も普通いません。そのアルバイト先がアパレルとかそういうのだとそういう髪型でも良かったかもしれません。しかし、普通の居酒屋です。しかも年齢層はかなり高めの居酒屋でした。なのでなんともその髪型が浮いて浮いて仕方ありませんでした。そんな変な髪型の私がアルバイトの面接に行っても追い返さないできちんと面接をしてくれた店長にすごく感謝しています。それに、そんな私は働かせてくれ事にも感謝です。その後の髪型は真っ白の髪にしたり金髪にしたり本当に色々しましたがみんないつも喜んでいました。女の子だから良いそうです。でも男のアルバイトの子は染めて怒られていました。

Copyright 2017 アルバイトのときの面接 All Rights Reserved.