アルバイトの面接でも下手すると不採用になる事もあります。採用されるための注意点や心構えの記事です。
アルバイトのときの面接

アルバイトの面接で大切なこと

アルバイトの面接とは言っても、舐めてかかっていると、不採用になる場合もあります。ティッシュ配りのアルバイトに応募し、指定の日時に面接に行きましたが、なるべく笑顔で、いい印象で話をしたのですが、あまり笑顔でいたので、不真面目でいい加減と判断されたのかもしれません。採用の場合は電話連絡すると言われ、そんな言い方をするのは不思議な感じだったのですが、そうすれば電話しなければ不採用ということで、断る場合に言いにくいので、そういう方法で断るのだと、後になって気が付きました。

もちろん、不採用になったのは、この1件だけで、あとはほとんど採用されました。面接のときに訊かれる質問としては、やはり応募の志望動機ですね。どうして、ここで働こうと思ったのかと質問されるわけです。例えば、コンビニエンスストアなら、人と接するのが好きか、とか、商売の熱意があるか、などを探っているわけです。あとは、自分の性格を問われたり、今までの人生で感動したことは何かと問われたこともありました。もちろん、そこで具体的な時給の話や、交通手段、週何日勤務できるか、希望の勤務の時間帯など雇用主と応募者の間で、調整の話をします。その他、注意することは、絶対に時間厳守で行くことです。20分から30分ぐらい前には到着して、余裕を持って時間をつぶす方がいいと思います。あとは、当たり前ですが、敬語で話す、礼儀正しくすることなどが重要だと思います。

Copyright 2017 アルバイトのときの面接 All Rights Reserved.