面接はアルバイトにもありますから、十分に準備をして当日は出来るだけ落ち着いて話をしてみましょう。
アルバイトのときの面接

アルバイトのときの面接

アルバイトで働きたいと思っていい仕事を見つけたと思ってまずすることは、その会社への問い合わせを含めた連絡です。最近はインターネットからも求人を探して応募することが出来ますから、電話連絡をするのかそれともまた、インターネット上の応募フォームなどから簡単な募集要項を出して連絡を待つようにするのかは自由です。連絡が終わり、面接の日程などを決めたらまずは当日の準備をしましょう。正社員などよりはアルバイトである分、気楽な気分でいるかもしれませんが、あまりに気を抜きすぎると先方にもそれが伝わってしまってよくありません。仕事をすることには変わりないのですから、連絡をもらったときには何がいるのか、いつ、何時にどの場所に行くのかということはきちんと確認しておきましょう。実際に調べておいても、行きにくい会社やお店はありますので、その時のためにも連絡先などもしっかりとこのときに聞いておくと後で困りません。

アルバイトでも、面接でやることはほぼ変わりません。飲食系であれば話を聞いたりすることが中心ですし、事務系の仕事であれば、これまでの経験に加えて時々簡単な筆記テストなどもあることがあります。それほど難しい試験ではないことが多いので、リラックスして受けるといいでしょう。それより重要なのは、面接時に担当の人との一対一での会話です。大体が店長と現場の主任みたいな感じの人が対応してくれます。採用されればこれから一緒に働いていくことになりますので、真剣に聞かれたことには答えるようにしましょう。経歴などに嘘をつくことはないとは思いますが、面接をする側はこれまでに何人もの応募者を見てきています。自分は大丈夫、と言うような根拠のない自信はまず置いておいて、応募する会社についてどんなことをしたいか、どんな風に貢献できるのかということなど、自分が働きたいと言うのを伝えるのはもちろんですが、雇う会社の方にもこの人に来てもらいたいと思ってもらえるようにすることが重要です。

アルバイトの情報をお探しの方へ☆

Copyright 2018 アルバイトのときの面接 All Rights Reserved.